由緒

御朱印とは

御朱印とは、「お参りの証」です。

そして「お参り」とは、神社に参り、神様との御縁を結ぶ、また御縁を深めることです。

つまり御朱印とはその証、いわば「神様との御縁の証」ということです。

そのように信仰的な意味を持つ、神聖なものでありまして、観光地などに置いてある 記念スタンプとは全く異なるものです。

お集めいただく際も、お集めいただいた後も、そのことを念頭に置いていただくことで、 神様との御縁をより深く結んでいただけるかと存じます。

当社の御朱印「北口本宮」、「諏訪」、「大塚丘」について

当社「北口本宮冨士浅間神社」の御朱印に加え、境内の「諏訪神社」、当社発祥の地「大塚丘」の御朱印もご用意しております。

北口本宮冨士浅間神社(本社)(きたぐちほんぐうふじせんげんじんじゃ)

北口本宮冨士浅間神社御朱印

諏訪神社(摂社)(すわじんじゃ)

諏訪神社御朱印

勤請された年代が明らかになっていない大変古いお社であり、この土地の地主神とされています。
当社周辺地域の字(あさ)名も「諏訪内(すわうち)」と称します。当社の祭典「吉田の火祭」は諏訪神社の例祭です。

大塚丘社(発祥の地)(おつかやましゃ)

大塚丘社御朱印

景行天皇40年(西暦110年)、日本武尊ご東征の折、足柄の坂本(相模国)より酒折宮(甲斐国)へ向かう途中に冨士を遥拝された丘でもあり、当社発祥の地です。

各、初穂料300円

当社の御朱印帳について


富士と桜花流水 他朱色 初穂料1,500円
桜 他紫色 初穂料2,000円
「桜」は古くより当地の盛んな産業である「郡内織物」にて奉製しております。

団体、ツアー等の添乗員(ガイド)の方へ

御朱印は一冊一冊、全て手書きでお書きしております都合上、お時間がかかります。
つきましては大勢様にてお越しの際は、お手数ですが混雑防止・時間短縮の為、添乗員(ガイド)の方がまとめてお持ち下さいますよう、何卒ご協力をお願い致します。

Page Top